(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); var dimensionValuePlanId = '2'; var dimensionValueInactive = 'none'; var dimensionValueSmpTemplateId = 'none'; var dimensionValuePromotionPlus = 'none'; var dimensionValueTestPattern = 'none'; var dimensionValueAuthority = 'none'; ga('create', 'UA-26106898-2', {'name': 'jugemTracker'}, {'allowLinker': true}); ga('jugemTracker.require', 'linker'); ga('jugemTracker.linker:autoLink', ['jugem.jp', 'jugemkey.jp', 'support.paperboy.co.jp'], false, true); ga('jugemTracker.set', 'dimension1', dimensionValuePlanId); ga('jugemTracker.set', 'dimension2', dimensionValueInactive); ga('jugemTracker.set', 'dimension3', dimensionValueSmpTemplateId); ga('jugemTracker.set', 'dimension8', dimensionValuePromotionPlus); ga('jugemTracker.set', 'dimension9', dimensionValueTestPattern); ga('jugemTracker.set', 'dimension10', dimensionValueAuthority); ga('jugemTracker.send', 'pageview'); window.onerror = function(msg, url, line) { ga("jugemTracker.send", "exception", { "exDescription": "@" + window.location.href + ";" + msg + ";" + url + ";" + line }); return true; };

1/12GPZ900Rプラモデル制作、1/1GPZ100RXフロントサス分解

  • 2017.01.22 Sunday
  • 00:10

寒い日が続いておりますが、皆様お元気でしょうか?

 

当社は少し暇ですので、今回年老いたRXのフロントサスを分解しました。

 

寄る年波にはRXにも勝てないようで足腰は弱ってきております。

 

心臓にあたるエンジンは快調そのものなのですが、人間と一緒で足腰はケアが必要です。

 

フロントはバイクスタンドを使いたいのですがカウルを外すのが面倒なのでジャッキ2個で

 

フレームを持ち上げました。

 

 

 

リアは転倒防止のためバイクスタンドを使いました。

 

 

このバイクのフォークを分解するにはSSTが必要です。

 

JボルトアンカーとM16ナットを使って作りました。

 

これがないと分解、組み立てができません。(多分)

 

 

 

 

しかしこの作業、汚れますね。ベアリング交換と同じくらいあまりやりたくない作業です。

 

5時間かかってオーバーホールしたのですがあまり分解前と変わらないみたいです。

 

今度、時間ができた時に予備にストックしてあるフロントフォークをオーバーホールして

 

再度、取り付ける予定です。

 

この作業のおかげで腰を痛めてしまいましたね・・寄る年波には勝てないのでしょうか・・

 

モヤモヤした気分で家に帰ってから、1年以上放置していたGPZ900Rのプラモデル制作再開です。

 

ラッカー塗料、水性塗料、エナメル塗料を使い分けてようやくここまでできました。

 

約60%くらいでしょうか。

 

 

 

まだ完成までのめどは立ちませんが、完成した暁にはブログでアップしたいです。

 

目のほうも寄る年波には勝てず。老眼鏡、でかい虫眼鏡、ハズキのルーペのお世話に

 

なっております。

 

譜面も見辛くなってきましたね。^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただただ、あの奇妙な建物が見たくて部子山へ。

  • 2016.11.17 Thursday
  • 09:42

昨日は休みでした。

 

奇妙な建物を見たくてスーパーカブで福井県奥越地方にある部子山へ行ってきました。

 

山の中腹から撮った奇妙な建物です。わかりにくいですが画像真ん中にイボのようなものがそれです。

 

 

午前3時過ぎに大阪を出て部子山山頂近くにある能楽の里牧場に到着。

 

牧場といっても牛などは何処にもいてませんね。

 

 

時間は午前9時前です。

 

約5時間半かかりました。

 

これが奇妙な建物です。高原にポツンと建っております。

 

レストランか展望台?ウ〜ム、よくわかりません。

 

 

 

標高1464mの部子山、風が冷たいです。でも景色がすごくきれいです。

 

 

 

この場所で夜星を見たらきれいでしょうね。

 

ビビりな僕にはできませんけどね。

 

もっとこの場所におりたかったのですが、何せ人っ子一人もいないところです。

 

残念ですが下山しました。

 

大阪へ帰る途中、冠山峠の下にある渓流温泉に寄りました。

 

 

冷え切った体に温泉は最高です。

 

帰りは敦賀から舞鶴経由で大阪へ。

 

走行距離550キロ。

 

カブはタフですね。

 

 

 

 

 

 

 

奥越ツーリング

  • 2016.10.24 Monday
  • 18:44

本日は貴重な休みとなり、おまけに天気もよくツーリング日和です。

 

午前2時過ぎに目が覚めまして、荷物を用意してそそくさと家を午前2時半過ぎに出て

 

千里山の倉庫に向かい、愛車ジェベル250XCに荷物を積み込み午前3時半ころに出発。

 

国道171号線で京都へ走り、京都東から161バイパス〜湖西道路で滋賀県高島市まで

 

順調に走りましたが、湖周道路に入ってからは強風に悩まされて、明け方には木之本に到着。

 

木之本から国道303号線、417号線で徳山ダムに向かい、7時過ぎに417号線終点の転回場に到着。

 

早朝にかかわらず工事関係者の人がたくさん居てました。

 

 

ここから先が林道塚線です。冠山峠に向かいます。

 

 

今日のツーリングの相棒、ジェベルです。

 

 

天気は良いのですが、寒いです。10℃もないと思われます。

 

どんどん標高を稼いでいきますと冠山峠付近はかなりのガスです。

 

 

冠山峠に到着。

 

 

 

すぐ近くに冠山が見えるのですが、残念です。

 

福井県側の417号線を目指して林道を下りますが、左側はガードレールなしの崖っぷちです。

 

落ちたらまず助かりません。

 

417号線から416号線に入り、「奥越バイク紀行」の記事を書いている種さんに教えて頂いた

 

伊自良温泉に向かいます。

 

9時過ぎに伊自良温泉に到着。

 

 

10時からの開店を待っていると種さんが言われてたように地元の人たちが来られてました。

 

大阪から来ているとわかるとびっくりしてました。^^

 

40分ほど温泉に入り、次に大野市に向かいます。

 

416号線の峠から見た大野市街です。

 

 

大野市で158号線に入り157号線で真名川ダムに。

 

 

すぐ近くにある麻那姫様の像です。今回ツーリングの目的は麻那姫様を実際に見たかったからです。^^

 

 

 

 

 

 

1200年前の清く美しい乙女の伝説です。

 

詳しくは麻那姫で検索してください。

 

麻那姫様をじっと見ていますと、「これ、そこのアホおっさん、物欲に溺れていてはだめですよ。」

 

と言っているような気がしました。

 

ここからの帰り道は157号線を温見峠に向かいます。

 

岐阜県側の157号線は殆どガードレールがありません。それに道幅も狭いです。

 

深い谷ですと100メートル以上はあるかと思われます。

 

落ちたら まず助かりません。

 

この深い山々に畏敬の念を感じます。

 

 

157号線から県道270号線を走って徳山ダムに。

 

徳山ダムから帰りは朝来た道を使い、京都東から名神高速で吹田までいっきに。

 

千里山の倉庫に午後5時前に到着。

 

明日の仕事の道具を積み込み帰宅。

 

走行距離545キロ。冬になる前にもう一度、奥越に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好きなんですよね。GPZ1000RX

  • 2016.03.04 Friday
  • 21:14
今日はオフで久しぶりにRXに乗りました。(インフルエンザ気になります)

今では殆どというか滅多に見かけないバイクになってしまったGPZ1000RX。

癖の塊のようなバイクですが、好きなんですね、このバイク。



4000回転からの加速するエンジン音は猛獣のようです。

今時のバイクはとても素晴らしいですが、この時代のバイクがやっぱりいいですね。






 

新品のヘルメットを被ってちょっとだけツーリング。

  • 2015.08.27 Thursday
  • 21:29
本日はお客様のご都合によりハウスクリーニングが延期になり

8月初めての休日となりました。

昨晩、明日は早く起きて、とにかく遠くまでバイクで走ると決めて

おりました。

そして午前3時前に目が覚めまして空を見上げるとどんより曇っております。

即、バイクに乗るのは止めると決めまして、再びベットへ。

午前9時前頃に目を覚ますと空は青空。

バイクに乗って遠くに行くには中途半端な時間です。

今日バイクに乗らないと当分乗ることができないので、ダラダラと10時半に家を出て

千里山の倉庫へ。

11時過ぎに出発です。和歌山方面に行きたかったのですが

大阪市内を抜けるには混んでおりますので、茨木の山を抜けて丹波方面に走りました。

空、山、田んぼを見ていると何となく秋の気配がします。





バイクを駐車しヘルメットをとるとツクツクボウシの鳴き声がします。

そろそろ夏も終わりですね。



今月、買ったSHOEIのシステムヘルメット、風切り音も少なく

いいヘルメットです。





200キロ少々の走行でしたがストレス解消になりました。

今度の休みは原付2種でツーリングをしたいと思います。



 

GPZ1000RX  前後ホイールベアリング交換

  • 2015.04.13 Monday
  • 22:02
3月の末に若狭までフラッとツーリングに行った時、なにやら

フロントホイールがぶれているような感じで、ベアリングが怪しいと直感。

帰って点検してみるとフロント、リアとも僅かですがガタがあります。

消耗品ですので今回交換することにしました。

フレームにジャッキをかましフロントホイールを外します。



スナップリングを専用工具で外しますが、外した時に何処かへ飛んでいかないように気をつけながら

外します。



今回、ベアリングを抜くのに使用したのはコンクリートアンカーです。



ベアリングプーラーの代用ですね。1個100円位からあります。

このアンカーをベアリングに打ち込んでクサビの部分をプラハンでどついてどついて、しばき上げて打ち込んでいきます。

外したベアリングはかなり錆びていました。上が新品です。



新しく打ち込んだベアリング内側にタップリのグリスを塗ります。



反対側も打ち込んでフロントは終わりです。

次にリアホイールです。リアホールに2か所、カップリングハブに1か所のベアリングの入れ替えです。




リアはプーラーを使って抜きます。




ベアリングを外したホイールはグリスが変色してサビの残骸が。





カップリングハブのベアリングも入れ替えてタップリのグリス。





簡単そうに見えますが、バイク修理のなかで一番いやな作業がベアリング交換です。

なぜかは想像にお任せいたします。

まあ、これで当分の間は大丈夫でしょう。

明日は水周りのクリーニング。

外での作業がないのでホットしています。









 

GPZ1000RXバルブクリアランス調整。

  • 2015.03.07 Saturday
  • 14:36
今日、土曜日は休日になりました。

ずっと気になっていたGPZ1000RXのバルブクリアランスの調整をしました。

タペット調整ですね。

GPZ900Rほど面倒なことはないのですが、それなりに冷却水を抜いたり

邪魔くさい作業がいくつかあります。

空冷エンジンだったらもっと簡単にできるのですが・・

まず、ウォーターポンプについてるホースを引き抜き、冷却水を抜きます。

他にも方法がありますが、これが手っとり早いし簡単です。^^



次にヘッドカバー上部をまたいでいるホースを抜き、ヘッドカバーを外します。



このホースを外さなくてヘッドカバーを取るのが一番いいのですが、無理みたいです。

ヘッドカバーを外すと心配していたカムのカジリがなくてホットしました。



次にパルスコイルが入っているカバーを外します。



これをメガネレンチで反時計まわりに回して圧縮上死点で各気筒のクリアランスをシクネスゲージで計ります。





今日中に調整を終えるつもりでいたのですが、サービスデーターの控えを持ってくるのを忘れ来週

時間の空いた時に調整したいと思います。どんくさいオッサンやと呆れます。年のせいでしょうね。



3月に入って業務用エアコンや家庭用エアコンのお問い合わせが来ています。

お早目のご予約をお願い致します。



 

GPZ1000RXのオーバーフロー地獄にはまる・・

  • 2015.01.11 Sunday
  • 21:31
1月8日、辻井さん幹事の新年会に参加いたしまして

とても勉強になりました。

遅くなりましたが、参加されました皆様、ありがとうございました。


さて今日は正月休みにキャブを分解してそのままにしておりましたGPZ1000RXの

整備です。

どうも3番シリンダーにガソリン漏れがあるようで、原因は3番キャブのオーバーフローです。



再度、キャブを外してフロートバルブの調整をおこないます。ホント手間のかかるバイクです。



組み立ててから各キャブの油面が正常かどうか見ます。



ガソリンを入れますと3番キャブがオーバーフローします。

再度分解をしましてフロート調整をしますが、結果は同じでオーバーフローです。

もうこれは完全にフロートバルブかフロートバルブが当たる部分が原因です。

ドナー用のキャブを出してきて、3番キャブを入れ替えをしました。





4番キャブの交換なら簡単なのですが、3番キャブの交換は少し面倒です。

組み立てて、再度、油面を見ますが大丈夫のようです。

早速、エンジンに取り付けて始動。

かなり同調が狂っております。

バキュームゲージを付けて調整後4気筒ともピッタリ同調しました。



しかし1番と4番がリッチなようです。

今日の作業はここまで。約7時間が経過しておりました。^^

次回は念のために新品のフロートバルブを総入れ替えをする予定です。






 

今年の正月もバイク修理。

  • 2015.01.03 Saturday
  • 17:10
新年明けましておめでとうございます。

今年も色々な知識を得て、お客様に喜んで頂けるよう精進いたします。


さて、今年は正月からバイクいじりはしたくなかったのですが、4日から仕事ですので

今日、以前から気になっていたGPZ1000RXのキャブオーバーホールと同調の作業と

なりました。

まず、くそでかいタンクを外します。



タンクを外すとエアクリーナーボックスが現れます。これも外します。



キャブを外し、分解掃除です。





各キャブを掃除してエンジンに取り付けます。

次にバキュームゲージを使って同調の調整を行います。



3番、4番がどうもしっくりいかないみたいです。

原因はまだ、キャブにありそうです。

予備のキャブに付け替えて再度、調整をしようと思いましたが、寒いのでヤ〜メタ。

やはりメンテナンスは単気筒のバイクがいいですね。







 

赤牛(GPZ1000RX)と丹後半島ツーリング

  • 2014.10.26 Sunday
  • 17:47
本日は世間並みに日曜日が休みでした。

ここ最近、小排気量のバイクにうつつを抜かしておりまして、原付2種を乗りまわしていたのです。

このままでは”原付男”になってしまう恐れがありますので、久しぶりに大型バイクでツーリングとなりました。

愛車は「赤牛」カワサキGPZ1000RXです。



行きは一般道を走り、帰りは高速を使って帰る、完璧な計画です。

午前7時に出発し国道176号を北上しました。行先は丹後半島。

順調よく走っておりましたが、宝塚付近から車が多くなってきました。

車の後を走るのが煩わしくなり、完璧な予定を変更して西宮北インターから中国道に乗り、水を得た魚のように

スイスイ走ることができました。^^

舞鶴道も順調に走りましたが、福知山インターで降りるのを忘れ、次の綾部インターで降りました。

また予定を変更して西舞鶴から丹後半島を目指します。

10時ころに伊根町に着きましたが、観光客がいっぱいで、すぐに移動しました。

そして観光客がいない近くの伊根町の漁港で一休み。



次に経ヶ岬に向かいますが、ここも観光客がいっぱいいそうでパス。

経ヶ岬の手前で写真を数枚撮ります。絵葉書のような景色です。





帰りは176号線で帰ります。大江山のワイディングロードは最高でした。

福知山から9号線、そして173号線を使い午後4時に帰宅。

全走行距離400キロ少々、疲れました。






 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM