(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); var dimensionValuePlanId = '2'; var dimensionValueInactive = 'none'; var dimensionValueSmpTemplateId = 'none'; var dimensionValuePromotionPlus = 'none'; var dimensionValueTestPattern = 'none'; var dimensionValueAuthority = 'none'; ga('create', 'UA-26106898-2', {'name': 'jugemTracker'}, {'allowLinker': true}); ga('jugemTracker.require', 'linker'); ga('jugemTracker.linker:autoLink', ['jugem.jp', 'jugemkey.jp', 'support.paperboy.co.jp'], false, true); ga('jugemTracker.set', 'dimension1', dimensionValuePlanId); ga('jugemTracker.set', 'dimension2', dimensionValueInactive); ga('jugemTracker.set', 'dimension3', dimensionValueSmpTemplateId); ga('jugemTracker.set', 'dimension8', dimensionValuePromotionPlus); ga('jugemTracker.set', 'dimension9', dimensionValueTestPattern); ga('jugemTracker.set', 'dimension10', dimensionValueAuthority); ga('jugemTracker.send', 'pageview'); window.onerror = function(msg, url, line) { ga("jugemTracker.send", "exception", { "exDescription": "@" + window.location.href + ";" + msg + ";" + url + ";" + line }); return true; };

ダイキンATR40PPE1−W取り外しクリーニング。

  • 2015.10.12 Monday
  • 17:10
本日は先週、壁掛けの状態で完全オール分解ができなかったダイキンのエアコンを

降ろしてお客様宅で完全オール分解クリーニング。



負圧にならないようにポンプダウンをしまして、重たいエアコンを降ろします。

そして先週、取り外せなかったロボットユニットを外します。



このエアコンは最低でも15センチ〜20センチ位は天井との隙間があるのがベストだと思われます。

熱交換器とケーシングを見ますとたいそう複雑な構造になっております。



下の画像の状態ではファンを外すことはできません。ケーシングは4ピースに分かれておりまして



従来のケースとは違って複雑になっております。



なんでこんなにややこしく作ったのでしょうか?



最近のダイキン、なんか変わってますね。

ダイキン=分解が簡単はもう昔のことでしょうか?

それと熱交換器の厚さもかなりありますね。

圧力の弱い洗浄機ではかなり苦労をすると思われます。

手動式の洗浄機なんかでは綺麗にすることは難しいでしょうね。



各部品を洗浄後、天日で乾かします。



乾燥後、組み立て始めてやっと終わりが見えてきました。






壁に取り付けて真空引きを合計約30分、真空状態が問題なしで

運転開始、ちゃんと動いております。作業時間5時間半。



このエアコンのシリーズをこれから購入予定の方、くれぐれもエアコン本体と天井との隙間を

たっぷりとって取り付けをすることをお薦めいたします。

そうでないとロボットユニットを外すことが困難になりエアコンクリーニングができないかもしれません。

ロボットユニットを外さないで掃除する業者さんにはどうでもいいことでしょうね。

今回ご依頼頂きましたT様ありがとうございました。








 

日立フィルター自動掃除エアコン取り外し完全オール分解クリーニング

  • 2014.09.02 Tuesday
  • 19:19
本日は10日ほど前にお伺いして、壁掛け完全オール分解クリーニングができなかった

エアコンを取り外して完全オール分解です。向かって右側が壁ぎりぎりに設置されています。




取り外すとなると洗浄道具以外に色々な道具が必要になります。

ゲージマニホールド、フレアリングツール、トルクレンチ、真空ポンプ等が最低限必要になります。

まず最初にポンプダウンを行います。内機側のスイッチを押して強制冷房運転をして

暫くして液側のバルブを閉めマニホールドゲージの針が0Mpaになる直前でエアコンをオフにします。

余談ですがエアコン運転中は0.5Mpaから1Mpaの間にあれば正常だそうです。




ポンプダウンも無事終わり、取り外しにかかります。

今回、エアコンを設置されている壁が厚く、冷媒配管のジョイント部分が運悪く壁の中にあり

室内機をかなり前に出してジョイント部分を外しました。

この室内機はリビング用で色々なものが付いており、かなり重くて苦労をして降ろしました。





日立のエアコンもかなりの配線を取り外さなくてはなりません。



壁に付いている状態より分解が楽ですね。

ロボットユニットを外しドレンパン、ファン、熱交換器を外して行きます。











これらの汚れた状態を新品で取り付けた状態のようにきれいにします。

ドレンパン、ケーシング洗浄後。





今回、熱交換器はオーブテックの洗剤で洗浄しました。



熱交換器、裏側もたっぷりの洗剤で洗浄。



ファン洗浄後。ファン裏側の汚れも念入りに洗浄しました。



組み立てる前に軸受にグリスアップ。どちらでもいいのですが保険代わりです。^^



組み立ても終わり、冷媒配管の再フレア加工をします。ガス漏れの予防に再フレア加工は重要だと思います。







再フレア加工を終わって、次に真空引きを行います。



約5分ほど真空引きをしてポンプを止めて10分ほど様子を見ます。

異常がないので15分ほど再度、真空引きです。

真空引きも完璧に終わり、やっと終わりが見えてきました。

冷媒配管のバルブを開けて運転開始です。どこも異常なく動いております。やれやれホットしました。^^



約5時間の作業でした。

K様、今回、お待ち頂きましてありがとうございました。来週の水周りクリーニングのご注文ありがとうございます。



今日の業務はこれで終わりまして、千里山の倉庫でスズキK125のポイント交換です。

「ポイント交換」、これ分かる人、かなりのオッサンですね。

古いバイクは多分これが一番重要な部品だと僕は思うのですが。



新品のポイントです。消耗品なのであと2個持っております。多分、一生いけるかと。



取り外したポイントは面がかなり荒れておりました。



バイクに乗って御嶽山に行きたいですが、いつ行けるかわかりません。














 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM