元旦早々高齢者施設からのSOS

  • 2018.01.01 Monday
  • 17:17

新年あけましておめでとうございます。

 

去年は30日まで仕事をしましてヘトヘトなりました。しかし無事、業務が終了できましたのが幸いです。

 

そして今日元旦の朝早々に伊丹市内の高齢者施設からの緊急連絡がありました。

 

去年と同じ部屋のトイレが詰まっているそうです。

 

早速、お雑煮も食べずに千里山の倉庫に行き道具を積み込んで出発。

 

今回も人糞が出てこないことを祈りながら走ること約15分。

 

トイレを見ますと人糞ではないようです。

 

 

タンク内の水、便器内の水を抜き取ってから分解です。

 

分解をしてから便器裏側の出口をみますと詰まっているものが見えなくて

 

とりあえず、風呂場までもっていってから表、裏側からバケツいっぱいに水を入れてからドバっと流します。

 

ボコッという音共にトイレットペーパーの塊が出てきました。

 

 

入居者さんのおばあちゃんは何も流していないということですがペーパーホルダーに

 

ピンク色のトイレットペーパーがありまして原因がわかりました。^^

 

トイレットペーパーも大量に流し込むと溶けきれずに詰まることがあります。

 

事前にトイレットペーパーが詰まっているのがわかっておればラバーカップで取り除くことができるのですが

 

何故高齢者さんですのでどんなものを流したのかわかりません。

 

もし建物内の排水管が詰まれば大事なことになりかねません。

 

便器を外してチェックしたほうが安心です。

 

今年も忙しい予感がします。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM