(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); var dimensionValuePlanId = '2'; var dimensionValueInactive = 'none'; var dimensionValueSmpTemplateId = 'none'; var dimensionValuePromotionPlus = 'none'; var dimensionValueTestPattern = 'none'; var dimensionValueAuthority = 'none'; ga('create', 'UA-26106898-2', {'name': 'jugemTracker'}, {'allowLinker': true}); ga('jugemTracker.require', 'linker'); ga('jugemTracker.linker:autoLink', ['jugem.jp', 'jugemkey.jp', 'support.paperboy.co.jp'], false, true); ga('jugemTracker.set', 'dimension1', dimensionValuePlanId); ga('jugemTracker.set', 'dimension2', dimensionValueInactive); ga('jugemTracker.set', 'dimension3', dimensionValueSmpTemplateId); ga('jugemTracker.set', 'dimension8', dimensionValuePromotionPlus); ga('jugemTracker.set', 'dimension9', dimensionValueTestPattern); ga('jugemTracker.set', 'dimension10', dimensionValueAuthority); ga('jugemTracker.send', 'pageview'); window.onerror = function(msg, url, line) { ga("jugemTracker.send", "exception", { "exDescription": "@" + window.location.href + ";" + msg + ";" + url + ";" + line }); return true; };

壁に設置した状態で完全分解洗浄(オーバーホール)

  • 2018.06.29 Friday
  • 23:13

殆ど休みがなかった6月も明日で終わりです。本当に忙しかったですね。

 

新規のお客様のご依頼も多く、完全分解洗浄とはどんなものかと聞かれることが大変多くございまして

 

今日洗浄をおこないましダイキンノーマルエアコンを例にわかりやすくご説明をいたします。

 

先ず、フィルターを出し入れするカバーを外します。

 

 

次にフィルターがついている外側の化粧カバーを外します。

 

 

化粧カバーを外した状態です。

 

殆どの業者はこの状態で熱交換器(アルミの山形になっているもの)の上についている部品を外すか、外さないで

 

右端にある基板ボックスを養生し洗浄をします。

 

 

さらに当社は水に濡れては困る部品、基板ボックスを外します。

 

 

次にアルミの熱交換器を壁に残しファン等がついている状態の吹き出し口ケースを取り外します。

 

 

次にファンを回すモーター、ルーバーモーターを取り外します。

 

 

次にファンや方向フラップ等を取り外します。

 

 

壁には熱交換器だけが残っています。

 

 

熱交換器は養生したのち下処理を施してから高圧洗浄機で洗浄をします。ファンも高圧洗浄機で洗浄をします。

 

化粧パネルやフィルター等は手洗いで洗浄をします。

 

吹き出し口ケース等の洗浄後です。

 

 

ファン軸受けには油膜切れがないようにグリスアップ。

 

 

吹き出し口ケースにファン等を取り付けて壁にある熱交換器と合体させます。

 

 

この様に当社の行うエアコンクリーニングは隅々まできれいにしてエアコンをリセットいたします。

 

クリーニング料金が高いと思われますが、他社のクリーニング内容からすればお得だと自負しております。

 

ご納得の上、ご依頼いただければ幸いです。

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM